営業代行ってどんな仕事?

今日の日本社会においては、仕事の専門性や分業化が進み、経費を抑えつつ効率的に仕事をするための手法がいくつも用意されていると言っても過言ではありません。

アウトソーシングを行う会社が増えていますし、アウトソーシングを専門的取り扱っている会社も多く存在しています。アウトソーシングとは業務の外部委託のことをいい、会社の業務としては専門外ではあるものの、法人として行わなければならない業務を別の会社に委託することを指します。
代表的な例でいえば、コンピューターのソフトウェア会社が会社の経理処理を会計事務所に委託することなどが挙げられます。アウトソーシングを行うことによって、依頼をする会社は本来の事業に専念ができますし、場合によっては専門知識を持つ社員を雇うよりもリスクや経費を抑えることができると考えられます。受注される側の会社からすれば多くの人の雇用を確保することができ、人材を有効に活用できるので、双方にとってメリットがあると言えるのです。

このアウトソーシングの一つとして営業代行が近年注目されています。
営業代行というのは、ルートセールスや新規開拓営業などの営業活動を専門的に行っている業者サービスの一つであり、アウトソーシングの一種と考えて差し支えないでしょう。

新たな土地で新規開拓を行いたい場合や、営業の得意な社員がいない会社などは営業代行を効果的に利用することで、さらなる業績の強化が期待できるでしょう。
複数の業者が営業代行を行っているので、ネットなどでよくリサーチをして適切なサービス内容のものを活用したいですね。

これから営業代行を始めようと考えている人へ

近年の企業の営業活動は、情報化社会の波に飲まれ、細かなところまで目を配らなければなりません。
それは社内・社外ともに細分化された仕事が殆どで、システムやネットワークが構築され、便利になった反面、こうした細分化された報告や連絡、そして相談といったいわゆる報連相の場が様々あり、営業としての活動は幅広くそして内容も深い仕事が多くなってきています。
そうした中での営業活動は、基本的にマンパワーも物理的な時間の拘束や精神的な締め付けによる拘束も非常に多く、近年ブラック企業として報道等で伝えられていますが、こうした労働基準監督所の監視下に置かれる企業が増えています。
こうした事から、自社の営業マンだけでのコントロールが非常に難しく、また、新規事業なら尚更人材確保などが難しくなってきます。
そこで、ここ数年で営業代行という需要が増えてきています。
この営業代行は、そうした営業マンの代わりをする企業の事ですが、それは、営業に関わるマーケティングや新規顧客の開拓、そしてもちろんそうした結果としての物品の販売・契約といった、一連の仕事を請け負う会社です。
この営業代行はこうした細分化されている時代だからこそ、需要があるのであって、そこにはそれらより進化したビジネスチャンスが眠っている潜在的な事がありえるかも知れません。
そこのタイミングやポイントを抑えるべく、この営業代行を始めようという意思で起業する事が大切でしょう。

成功報酬型営業代行のメリット・デメリット

営業代行には成功報酬型と固定報酬型の2つの種類が有ります。
これは営業代行における費用体型であり、成功報酬型は営業成績が一定の状態になる事で報酬を支払うと言うスタイルであり、固定報酬型は最初の契約時に定めた費用を月々支払う形のスタイルになります。

これらのは、メリットやデメリットがそれぞれあるわけですが、成功報酬型は成果が上がった時に初めて報酬を支払うスタイルになりますので、営業成績が上がらなければ費用が発生しません。
それ故に、利用する側と言うのは、リスクを最小限に抑えられると言う利点があるわけです。
これに対し、固定型の場合は成績に関係なく費用が出て行くと言う違いがあるのです。

しかし、固定型と比較をすると成功報酬と言うスタイルの場合は、成功して初めて費用が必要になりますので、成功するまでの期間が長ければその分費用が割高になると言ったデメリットが有ります。
成功するまでの時間が長くなる要因として言えることは、営業代行は目先の成果が最優先されるものであり、業務改善を行う上での時間を多く費やしてしまう場合には改善されるまでの時間が多くかかることが有りますので、その分割高になるのです。

しかしながら、成功報酬での営業代行のメリットは短期間で成果を発揮させることが出来れば、成果の分だけの費用を支払う事になりますので、その分費用を少なくすることが出来ると言った利点があるわけです。

因みに、最近は成功報酬と固定の二つを取り入れている営業代行も存在しています。